スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイの固有種 ハイビスカス

ハワイで絶滅の危機にさらされている植物についてのお話
今回ご紹介するのはハイビスカス



ハイビスカスといえばカラフルな色合いの大ぶりの花を連想されるかたも多いと思います。
そしてハワイならず沖縄でも沢山咲いていて、関西でも夏になれば赤い花の鉢植えが売り出されるようになってきました。
ハイビスカスの原種はハワイだけではなくオーストラリアなどにもあるそうなのです。

ハワイではハイビスカスのことを「Kokio(コキオ)」といいます。
そして、上の写真のKokioKokio keokeo(白いハイビスカス)と言われ、ハワイでも絶滅が危惧されている種類の1つなんです。
ハイビスカスは匂いのないお花ですが、この原種には香りがあります。
甘くてしとやかな香り。Kokio keokeoの中でもカウアイ島原産の種類だけに香りがのこっています。

葉っぱの形も園芸種とはちがって柔らかい繊細な感じ。
島国のハワイには外敵がいなかったこと、そして独自の進化をしてきたからこそのこの形です。
蜜をすいに来てくれる鳥(受粉)によって形がカスタマイズされています。
この話はまた今度。。。



こちらの2つは園芸種で色目もいろんな色があります。
黄色とか赤やオレンジだけでなくこんな色合いもあるんですよ~



こんなハワイの絶滅危惧種を見ることができるのが「咲くやこの花館」です。
これから暖かくなれば植物たちも元気になります!
花や葉っぱの生き生きとした姿をぜひ見に行ってあげてください。

咲くやこの花館 http://www.sakuyakonohana.com/


にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。