スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都へ大人の遠足



今日はお友達と京都に大人の遠足に行ってきました。
朝方まで雨がふっていたのが現地につくころにはやみ、とてもすごしやすい一日。
この8月の暑い時期に京都めぐりにはぴったりの日でした(^0^)

人生初の写経をしに小野小町で有名な随心院というお寺に行ってきました。
雨の後の緑は生き生きしていてお庭がほんとうにステキなお寺。

写経をするための図案を選んでいると、お坊さんがいらっしゃってお供え物のお下がり
「清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)」というお菓子をいただきました。



奈良時代に遣唐使が仏教の伝来と共に日本へ持ち込まれた唐菓子の一種「団喜」
お味は、こしあんに「清め」の意味を持つ7種類のお香を練り込まれています。
生地を金袋型に包み純正の胡麻油で揚げて作ったお菓子で、お坊さんいわく
現代のお菓子になれている私たちには美味しいのもではないかもしれませんが、
当時大変貴重だった小豆や砂糖が使われていて大変貴重なお菓子だそうです。

これもご縁と私たちにお下がりをくださいました。感謝です。





そしてその後は各自静かな時間を写経ですごして夏の元気のもとうなぎを食べに行きました!
炭焼きで焼き方が絶妙で、本当に美味しかったです(^^
その後は、下賀茂神社に移動し古本市を散策しながら神社の方へ進むと、
下賀茂神社の「お白石持神事」という敷地にしく白い砂利を納める神事をやっているのを発見し、
こちらも説明を受けて、奉納してきました。
石を清め、お参りし、収める。単純なようだけど21年に1度のことだということで、
貴重な経験でした。

夏の一日暑さも忘れて京都散策。いろんな縁に感謝の日でした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Theme: 今日の出来事 - Genre: 日記

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。